長い間ありがとうございました


by nanachan129

花畑とお姫さま

とおい時代の、とおい国に

ひとりのお姫さまが住んでいました。


ある日お姫さまは一人でお花畑に出かけました。

かご一杯のお花を摘んでいると

お花畑にはふさわしくない、

まっ黒なローブに身を包んだおばあさんが

あらわれました。


「お花は好きかい?」

と聞かれたお姫さまは

すなおに 「うん、大好きよ。」

と答えました。


するとおばあさんは

「それじゃ一生その花たちと生きていきなさい。」

と言うなり、お姫さまに向かって呪文を唱えました。


するとどうでしょう。

近くに咲いていた花たちが

いっせいに宙に浮かんで、お姫さまを取り囲んだのです。


「えっ?」

お姫さまの考える間もなく、

その花たちは次々にお姫さまの鼻に

小さくなりながら一気に吸い込まれていったのです。


「ちょっとおばあさん!?」

混乱するお姫さまが周囲を見渡すと

そこには誰もいませんでした。


お姫さまはわけが分からないまま
立ち上がろうとすると、奇妙な感覚に襲われました。


「こ、これって・・・ひっっひっ


ひくちっ!



それ以来、その国では代々お姫さまは

花粉症に悩まされているそうです。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


ということで、早速花粉症に苦しんでいます。

今日は最悪でしたぁ。

お姫さまの悩みが消える日はくるのでしょうかw


追記:

つーか花粉症の原因はお花じゃねーよ!って
ツッコミは認めません。w
[PR]
by nanachan129 | 2006-02-23 23:28 | リアル日記