長い間ありがとうございました


by nanachan129

【転記】たーとる

ケータイからニュースを見ていたら
こんな記事が。

「ギネスブックで、生きている動物としては世界最高齢とされた176歳のメスのガラパゴスゾウガメ「ハリエット」が23日、オーストラリア東部の動物園で死亡した。
動物園のホームページによると、ハリエットは、「進化論」で知られる英国の自然科学者ダーウィンが1835年に訪れたガラパゴス諸島で捕獲されたとも言われ~(以下略)」


176歳!?

鶴は千年、亀万年って言いますけど
ホントに長生きなんですね。

ダーウィンなんて歴史とか理科の教科書なんかで
目にした、言わば私にとってはある種「空想上の人物」に
近い人なのに、その人が捕まえた亀がひっそり
リアルな現代と「空想上」の当時の時間とを繋いでいたんですねぇ。

1835年というと、日本だと江戸時代。

そんな時代からじっと世の中を見つめていた亀さん。

どんな思いで、巡りゆく時を見上げていたんでしょうね。


いろいろ便利な時代になっても
やっていることは昔と変わらんじゃないか・・・

とか思っていたんですかねぇ。

時間の流れってすごくゆっくりだったんですかね。
それとも一瞬のようなかんじ?

なんか色々想像していたら一本の映画くらい簡単に
出来そうな気がしてきました。


(妄想中)

ダーウィンと出会った頃はまだ若くて
船に乗って一緒に航海して
そして別れの時が来て、
いつしか周囲の知っている人たちも
亡くなっていって、気がつけば知らない人たちばかり。
そして暗い時代を迎え、また光のさす時代が来て…。

(妄想終了)


なんだかすごく浪漫を感じる記事でした。


ということで亀さんのご冥福を祈りながら
黙祷&妄想。
[PR]
by nanachan129 | 2006-06-25 23:25 | リアル日記